イスタンブール

【癒し旅行】トルコ・イスタンブールで韓国・中華・日本料理を味わう

まいど!おおきに!

「トルコ猫暮らし」の嫁です。

お元気ですか?

今日はとても寒いアイワルクです。

海外生活疲れた時、どうされていますか?

私たちは断然日本食を食べに行きます!

しかし、ここトルコの田舎リゾートアイワルクには日本食レストランはありません。

トルコ全体でも日本食レストランは本当に少ないのです。

しかし昨年末、イスタンブールに用事があり、今までずーっと気になっていても行けずにいたトルコの日本・韓国・中華料理屋さんに行ってきてだいぶ癒されてきたので、記憶がまだ新しいうちに書いて行こうと思います。

ではさっそくご紹介して参りましょう!

イスタンブールで日本食・韓国料理・中華を食す

優曇也 UDONYA

トルコに初めて来たその日から気になっていたお店。

ホテルの1階にあるから高いだろうなぁっと思っていました。

でももう3年近く日本に帰れていないと食べたくて仕方ありません。

それで、今回は意気込んでホテルの中へ入ってみました。

対応してくれたトルコ人の店員さんは英語も日本語も流暢で、接客も丁寧でした。

店内は落ち着いた雰囲気で、日本人よりもホテルに宿泊している外国人のお客さんが多かったです。

2人とも温かいうどんとおにぎり、そして、揚げ出し豆腐を注文しました。

最初に出た揚げ出し豆腐。

熱々豆腐に衣がまとって、その衣がお出汁を吸って、モチモチして、口の中でとろける~✨

一瞬で消えてなくなってしまいました( ;∀;)

続いてうどんとおにぎりがきました。

うどんは細めのうどんでしたが、お出汁が関西の味に近くめっちゃ美味しかったです。

おにぎりも夫は久々の梅干しに感動✨私はおかかに感動でした✨

この日は寒い日でしたが、あったか〜いおうどんに身も心も温められたのでした。

料金は2人で3,000円程度でした。

トルコの感覚ではもちろん高いですが、日本でもこれぐらいするので、悪くないなと思いました。

韓国料理:Sopung Kore

今度はカドキョイエリアに移動。

目的は韓国料理。

可愛い外観。

そして、年若い可愛い店員さんがなんだか緊張しながら、応対してくれました。

私たちがトルコ語知っているので、ほっとした模様。

いろいろ細やかに気遣ってくれました。

注文したのはコチラ↓↓↓

夫がキンパが食べたいと注文。

やっぱりこの外観を見るとすし飯の酸味が頭をよぎるので、食べるとなんだか物足りない気持ちになりますが、具もたっぷりで、優しい味。

私の方が気に入ってしまいました。

今度は私が注文したトッポギ。

寒かったので、熱々で嬉しかったのですが、予想以上の辛みで私はアウト。

夫が初めて食べるトッポギに感動し、辛いのにもかかわらずペロッと平らげてしまいました。

2品で1,200円ほどでした。

852 Hong Kong Cafe Restaurant

今度は香港料理。

こちらのトルコ人のご主人がわたしたちに接客してくれました。

もちろん挨拶は「ニーハオ!」

でも日本人とわかっても、とても喜んで対応して下さいました。

メニューを見てみると、イスラム教の方に向けてハラールの🐽マークが付いていました。

私たちにとっては感動の🐽マーク。

注文したのがコレ↓↓↓

全て中国人の奥さんの手作りらしいです。

奥さんが運んで下さったのですが、とてもかわいらしい人で、旦那さんも奥さんにメロメロなのがとてもよくわかりました。

感動したのが、中華の皮✨

モチモチふんわり。

えびの天心はエビがプリプリで夫が気に入っていました。

言うまでもなく、豚のベーコンは2人とも美味しく頂きました。

私が気に入ったのはコチラ↓↓↓

あんまん。

懐かしい味に癒されました💗

料金は高めの4,000円ほど。

でもトルコで手に入りにくい豚肉が入っているので仕方ないかなと思います。

五味 ITSUMI

最後は一番来たかったこのお店。ITSUMIさん。

実はイスタンブールの坂道を寒い中歩きすぎたせいか、ぎっくり腰ぎみに…。

あきらめようかとも思ったのですが、やっぱり一番行きたかったお店。

アイワルクに帰る直前にネット予約して行ってきました。

店内はわりと混みあっていましたが、やっぱり接客が素晴らしく、トルコ人の店員さんも明るく笑顔が印象でした。

注文したのがコチラ↓↓↓

もう何年も食べていなかったうな丼。

そして、とんかつ✨

全て2人で半分こしました。

味も日本の料亭レベルで、とても感動✨

美味しすぎて、なんだか涙が出て隣のトルコ人のお客さんにびっくりされました( ;∀;)

食後店員さんに美味しいですよとデザートを勧められつい注文。

久々の抹茶アイス💚

最高でした✨

そして、なぜか感動のあまり、来る前までだいぶ辛かった腰の痛みも軽くなり、無事にその後バスに乗ってアイワルクに帰る事ができました。

料金は全部で5,000円ほどでした。

贅沢させてもらいました。

まとめ

トルコは他の国と比べると圧倒的に日本料理やアジア料理少ないのですが、それでもアイワルクのような田舎には全くないので、イスタンブールは感動の嵐でした。

他にもラーメンやタイ料理、タピオカドリンク、お餅屋さんも行きたかったのですが、残念ながら時間と体力とお金の限界で行けませんでした。

今度行くことがあれば、またチャレンジしたいと思います!

私たちのようにコロナによって帰国できていない方もおられるのではないでしょうか?

日本食やアジア料理が恋しい方の少しでも参考になれば幸いです。

久々のイスタンブール坂道をだいぶ歩いて疲れましたが、美味しいご飯に身も心も癒されたのでした。

滞在中は最寄り駅でいつも「忠猫ハチワレちゃん」が駅で待っててくれました=^_^=

ほな☆

ご覧いただきありがとうございます。

トルコ語プライベートレッスンに関しては→コチラ
トルコ語通訳・翻訳に関しては→コチラ

Hotels.com

 

 

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。