トルコの暮らし

【海外移住】トルコで銀行口座を開設!その方法や必要書類は?

メルハバ!まいど皆さんこんにちは。

お元気でお過ごしでしょうか?

トルコ在住7年、「トルコ猫暮らし」の夫です!お久しぶりです。

今日は、海外に長期滞在するなら必ず必要になってくる現地の銀行口座について情報をシェアしたいと思います。

トルコに移住や長期滞在をお考えですか?

それなら必ず銀行口座を開設される事をおすすめします。

銀行口座を持つことによって沢山のメリットがあるからです。

それでこの記事では、外国人である私たちがトルコで銀行口座を開設するにはどうすればよいか、手順や必要な書類について解説し、その利便性についても説明していきます。

外国人がトルコで銀行口座を開設できるの?

まずそもそも、外国人はトルコで銀行口座を開設できるのでしょうか?

できます!

できたとしても「複雑な手続きがいるんじゃないの」とお考えですか?

実は、それほど複雑ではありません。

必要書類といくつかのポイントを抑えれば簡単に開設できてしまいます。

では、その手順を説明する前にトルコで銀行口座を開設するメリットとトルコの銀行について少し説明しましょう。

トルコで口座開設のメリット

トルコで口座を開設すると数々のメリットがあります。

一つ一つ解説していきましょう。

モバイルアプリを使って、家に居ながら家賃の振り込みができる

いちいちATMや銀行に行かなくても家主の口座さえ知っていれば自宅にいながらも面倒な振り込みが簡単にできちゃいます。

振込手数料も同じ銀行間であれば無料で違う銀行であったとしても割安で振り込みが可能です。

スマホの支払いや公共料金を自動引き落としできる

銀行カードがあれば、スマホのプランの支払いも各キャリアのアプリから簡単に操作できます。

電気・水道・ガスなどの公共料金の自動引き落としもアプリで簡単に設定ができちゃいます。

このおかげで、毎回支払いの度に外出する必要がなくなりました。

日本から国際送金ができるようになる

トルコの自分の口座へ日本から一括で安全に送金ができるので、トルコでの当面の生活費を送金したり、不動産や車を購入の際などまとまったお金を移動させる時に安全で便利です。

インターネットで買い物ができる

今はどうか知りませんが、以前はトルコ以外の海外のカードではインターネットでお買い物ができませんでした。

しかし、トルコの銀行カードはデビット機能付きなので、銀行カードがあればネットショッピングができてしまいます。

うちは重い猫砂やカリカリは専らネットで購入しています。

日本のカードでクレジット払いができない場所でもデビットカードとして支払いが可能

トルコで買い物をしていると時々「海外のクレジットカードは受け付けられません」っと言われる時があります。そんな時現金が無くてもトルコの銀行カードがあればそれで支払いができちゃいます。

トルコの銀行

 

トルコ国営銀行

・Halkbank(ハルクバンク)
・VakıfBank(ヴァクフバンク)
・Ziraat Bankası(ジラートバンカス)


民間銀行

・Akbank(アクバンク:トルコ)
・Yapı Kredi(ヤプクレディ:トルコ)
・İş Bankası(イシバンカス:トルコ)
・TEB(トゥルクエコノミーバンカス:トルコ)
・DenizBank(デニズバンク:アラブ首長国連邦)
・Garanti(ガランティ:スペイン)
・HSBC(ヘーセーベージェー:香港)
・ING Bank(イングバンク:オランダ)
・QNB(キューネーベー:カタール)


まだまだたくさんの銀行がありますが、よく見かけるのはこんなところでしょうか。

トルコには国営の銀行が3つあり、民間や外国銀行を合わせると合計55の銀行があります。

その中でも上のリストにあげた銀行は街中で支店などもよく見かけますし、街の中でATMを簡単に見つけることができるのでお金を引き出す時に便利です。

ちなみに国営銀行は海外キャッシングは手数料無料。

民間銀行も手数料が無料の所もありますが、İş BankasıのようにATMに日本語表示があるものの手数料がかかるATMもあります。

しかし、これだけ銀行があっても、外国人は滞在許可(イカメット)を取得してからでなければ口座を開設してくれません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

現金でまとめて持ってきた人はイカメットが取れるまでの数ヶ月間タンス預金するしかない?それとも、ちょこちょこキャッシングでしのぐ?

大丈夫です。外国人でもイカメット取得前に開設できる銀行があります。

銀行によってはごくまれに口座を開設してくれる場合もあるようです。もしかしたら担当者の気分的なものや、ノウハウの問題なのかも知れませんが、基本的には定期的な収入がある人や、大口の預金口座を開くのでない限り新規開設は難しいようです。

トルコで口座を開設できる銀行「Ziraat Bankası」 (ジラートバンカス)!必要な準備は?

引用元→Ziraat Bankası(ジラートバンカス)

トルコの農協Ziraat Bankası(ジラートバンカス)なら、外国人でも、イカメットが無くても口座が開けます。

国営の銀行は3つありますが、どうやらジラートバンカスだけがイカメット無しでも受け入れてくれるようです。

では、ここからは口座開設の準備について説明していきましょう。

【準備1】税金番号を取得する

税金番号を取得するには、手元に

・パスポート
・パスポートの写真のページのコピー

を用意して最寄りの税務署(Vergi dairesi)に行きます。

受付でVergi Numarası(ベルギ ヌマラス)が欲しいと伝えると整理券を出してくれるので、番号が呼ばれたら担当デスクに行き、税金番号が欲しい事を伝えて書類を渡しましょう。

トルコでは個人情報を扱う際、本人確認の為に父親の名前や、母親の旧姓を登録することがあります。

確認の際は、その名前の2文字目と4文字目などのアルファベットを聞かれたりします。

一度登録されてしまうと、間違って記入されていたとしてもそれがセキュリティパスワードになってしまうので、手違いが無いよう前もって父親の名前や母親の名前を紙に正確に書いて渡される事をお勧めします。

英語表記の「I(アイ)」は、トルコ語では大文字でも小文字でも「İ(上に点が付く)」という表記になることにご注意ください。
例:TORUKONEKOGURASİ(トルコネコグラ

トルコ語には「I(ウ)」と「İ(イ)」があります。上に点が無い「I」で表記した場合「ウ」となってしまいます。
例:TORUKONEKOGURASI(トルコネコグラ

担当者が作成したいくつかの書類にサインします。

税人番号の控えをもらって下さい。

書面のどの数字が税金番号か確認しておきましょう。

税金番号取得後、システムに反映されるまで時間がかかるので、1日か2日待って銀行に行きましょう。

【準備2】書類の準備

銀行に行く前に下記の書類を用意しましょう。

・パスポート
・トルコ国内の住所
・税金番号の控え
・トルコの携帯電話の番号

トルコ国内の住所は、外国人でもパスポートがあれば賃貸を契約できるので、その賃貸契約書(Kira sözleşmesi)を持って行くと良いでしょう。

ジラートバンカスで口座を開設する手順

【手順1】

ジラートバンカスで口座を開設するには、準備した書類を持って最寄りの支店へ行きましょう。

口座からお金をおろすなどの窓口で行う手続きは、口座のある支店でしか受け付けてくれないので、家から一番近い支店にで開設するのが便利です。
(大きな額でなければATMで24時間下ろせます。)

銀行の入り口を入ると整理券を出す機械があるので、ガードマンに「新しい口座を開きたいです。(Yeni bir banka hesabı açmak istiyorum)」と伝えましょう。

そうすると、機械を操作して整理券をくれます。

口座開設は、支払いや入出金の窓口ではなくデスクで手続きを行います。

どこで待てばよいかもガードマンに尋ねましょう。(Nerede beklemeliyim?)

【手順2】

自分の番号が表示されたらデスクへ向かい、口座を新規開設したい旨を伝えましょう。

担当者は口座開設の作業を始めてくれますが、手順は人それぞれのようですので、聞かれる可能性の高いワードをリストアップ致します。

書類は必要な時にだけ渡しましょう。

口座開設の時に必要なトルコ語ワード
Pasaport パサポルト(パスポート)
Vergi Numarası ベルギヌマラス(税金番号)
kopya コピヤ(コピー)
Adres アドレス(アドレス)
Telefon numarası テレフォン・ヌマラス(電話番号)
Adı soyadı アドゥ・ソイアドゥ(氏名)
İmza イムザ(サイン)
Anne adı アンネ・アドゥ(母親の名前)
Baba adı ババ・アドゥ(父親の名前)
Euro エウロ(ユーロ €)
Dolar ドラル(ドル $)
Lira リラ(トルコリラ ₤)
Vadeli バーデリ(利子ありの預金)
Vadesiz バーデシズ(利子無しの普通口座)
ATM kart アーテーメーカルト(ATMカード)

手続きの際、以下の点を確認されます。

1:口座をトルコリラ口座にするか?ドル口座にするか?ユーロ口座にするか?

電気代や水道代、インターネット代や電話代、ネットショッピングの支払いなど自動引き落としにするためにはトルコリラ口座が必要です。

2:バーデリにするか?バーデシズにするか?

バーデリ、つまり利子ありの預金にすると、30日に一度、3ヶ月に一度などのプランの中から高い金利の利子が得られます。でも、選んだプランの期間はお金を動かせないので、普段使いにはおすすめではありません。貯金用にまとまったお金があるならバーデリに預けましょう。

普段の生活費に使う為、ATMで下ろしたり、支払いに使用したり、ネットショッピングに使うならバーデシズの口座を作りましょう。

ネットショッピングをしたり、スマホのアプリで支払いをしたりするにはİnternet bankacılık(インテルネット・バンカジュルック)を申し込む必要があります。必要であれば担当者にその旨を伝えましょう。

【手順3】

係りの人が作業を進めていくと、連絡先に設定している電話番号にパスコードが送られてきます。その内容を打ち込む必要があるので手元に携帯を持っておきましょう。

手続きが終わるまでのどこかのタイミングでATMカードが欲しい事も伝えておきましょう。

最後に利用規約等の書類にサインをいくつか求められます。

その際、トルコ語で「Okudum,Anladım,Kabul ediyorum」と書くことを求められる場合があります。内容は、「読みました、わかりました、受け入れます」です。

不安であれば簡単に説明してもらいサインしましょう。

控えをもらい、終了です。

書類のどの部分がお客様番号で、どこが口座番号か説明してくれるとは思いますが、もし説明が無ければ遠慮せずに確認しておきましょう。

【手順4】

ATMカードをもらう為、支払い窓口に行きましょう。

控えを渡して、「ATM kartı istiyorum(アーテーメーカルトゥ イスティヨルム)」と伝えましょう。

窓口で4桁のカードの暗証番号の設定が求められます。

4桁の数字を2回ATMカードを差し込んだ機械に入力して設定が完了です。

窓口の人よりATMカードをもらったら口座開設終了です!

アプリで支払いやネットショッピングができるインターネット・バンカジュルックの開け方がわからない場合は窓口の人に尋ねてみましょう。大抵、スマホを操作して使えるようにしてくれますよ。

まとめ

今回は、トルコで銀行口座を開設する方法についてシェアしてみました。

税金番号さえ取得すれば、特別な書類を用意しなくても簡単に口座がつくれます。

口座とアプリを同期させれば、ネットショッピングも家賃や光熱費の振り込みも簡単!

ATMも沢山あるので、トルコでの生活をより快適にしてくれるでしょう。

今日書いた事柄は全てではないので他の情報も参考にしながら、トルコに長期滞在または移住の際はぜひチャレンジしてみて下さいね。

ほな!

 

ご覧いただきありがとうございます。

私たちのYouTubeチャンネルも是非チャンネル登録お願い致します。→コチラから

ブログランキングにも参加しています。

↓のバナーをポチッとして下さればうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ペルシャ猫へ
にほんブログ村


トルコ(海外生活・情報)ランキング

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!